代理店様、施工会社様大募集!陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」

陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」のお問い合わせフォームはこちら
陸屋根と地上,野立て,に特化!置くだけ太陽光発電「置き架台」

陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」の5つの優位性

陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」は、メディアでも大注目の工法です!!

*NHK「おはよう関西」で放映され大反響!お問い合わせが殺到!

*日本全国多数(2015年現在で約3,000件)が、この工法で施工。

*一般住宅用とともに、産業用の陸屋根、地上設置(野立て)でも大好評!10kW〜50kW〜500kW多数に採用!

*既存の太陽光発電施工会社様、新事業として太陽光発電を始められた会社様からご好評!

*東京都が都内の住宅戸数の約7割を占める集合住宅での太陽光発電の普及を推進するために公募。

*応募条件は、設置コストを10年以内に回収できるプランでした。

*横浜の施工会社様が、コンクリート架台方式で応募され、選抜されました。

*東京都のホームページで紹介されています。

陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」のお問い合わせフォームはこちら

陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」の施工会社様の体験談

「陸屋根に太陽光発電を設置して欲しい…」というお客様からの依頼がありました。
陸屋根への太陽光発電の従来工法では、電気工事の知識とともに屋上に穴を開け、コンクリートと
ボルトで基礎工事をし、雨漏りしないよう防水工事をする必要があり、ややこしい工事です。
従って、高度な技術が要求され、コスト、人件費も高くなります。
何か、他に良い方法はないかとホームページを検索して、このコンクリート架台工法を見つける
ことができました。
この工法を知った最初の心配は「風で飛ぶのではないか?」ということでした。見積りに際しては、物件毎に耐風速計算をされていて、一番危惧していた安全性がクリアできました。
地元のお客様の施工をしました。
屋根に置くだけなので、電気工事の知識だけで設置でき、簡単でした。
作業自体は10kWで約2日間(3人)で終わりました。経済産業省に申請してから約1か月で完成するという、今までの常識では考えられないスピードです。ケースにもよりますが、通常の3分の1の工数で完了できそうです。
ただ、大量のコンクリートブロックを使い、腰が痛くなりました(笑)。
お客様には大変喜んでいただきました!従来工法よりも早く、しかも安価、そして雨漏りの心配が無い、素晴らしい工法に巡り合えました。今後もこの工法を広めて行きたいと思います。
陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」についてのお問い合わせフォームはこちら
私が、陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」を全国に推進しております!アイユーソーラー株式会社の友野です!
陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」についてのお問い合わせフォームはこちら

陸屋根,野立て,に置くだけ太陽光発電「置き架台」についてのお問い合わせフォーム

会社名
お名前必須  
郵便番号 郵便番号を調べる
ご住所必須
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
電話番号
メールアドレス必須
お問合せ内容必須
送信確認必須

1、ビル所在地(番地まで)…耐風速計算上必要
2、ビル屋上の耐荷重…180kg/㎡以上を確認
3、ビルの高さ(または、階数)
4、使用モジュール(パネル)の種類(仕様書)、寸法(縦、横、厚さ)と重量、
  パネル裏の取付穴の寸法
5、設置図面(縦置き、横置き、方角)
  …段間は、パネルとパネルの間に基本は265mm空き、(詰め置きは135mm)